現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 141:フリーエネルギーの真実

 
 
フリーエネルギーの真実
 
ニコラ・テスラを始めとして、過去にフリーエネルギーを証明した科学者や技術者が何人もいましたが、必ず死亡して研究がストップしています。一説によると、世界の石油利権の頂点に立つファミリーが首謀者で、利権を守るために彼らは殺されたと言われています。マスコミも取り上げないこういった事実は都市伝説として語られるばかりですが、実際のところはどうなのでしょうか。 スタンリー・メイヤーの水燃料電池はウィキペディアにも掲載されているほど有名な実話ですが、つまり、水を燃料として走る車の発明です。水燃料電池とは、アメリカ人発明家のスタンリー・アレン・メイヤー(Stanley Allen Meyer、1940年8月24日 - 1998年3月20日)が発明したある種の「永久機関」です。オハイオ州のテレビ局のニュース報道で、メイヤーは自身の水燃料電池を動力源としていると主張するデューンバギーを公開し、メイヤーはロサンゼルスからニューヨークへの移動に必要な水は僅か22米ガロン(83リットル)であると述べていました。この発明が世界を救うと話題になりましたが、1998年3月20日、スタンリー・メイヤーはレストランで食事をしている際に急死しました。メイヤーは2人のベルギー人投資家と会食中の出来事で、異変に気付いたメイヤーは突然店外に飛び出し「彼らが私に毒を盛った」と叫んでいたと主張したが、その後帰らぬ人となり、警察は、高血圧を患っていたメイヤーが、脳動脈瘤により死亡したとするフランクリン郡の検死官の報告書を公表しました。同じ運命をたどったフリーエネルギー研究者達がいます。日本では、倉田大嗣さんが「水は燃える」ことを訴え続けて行方不明となりました。世界では、奇跡の発明を公表した途端に、全員が行方不明となっています。むろん、新聞、テレビは一字一句、報道しません。倉田大嗣さんは、「水を油に変える技術」、「プラスチックを油に変える技術」、「その水素に炭素を加えれば、油が生まれる」などを主張され、書籍も出版されています。かって、国際フリーエネルギー学会なるものが存在したそうで、民間のフリーエネルギー研究者をおびき寄せて、一網打尽にする罠だったようです。そして、参加した人々は忽然とこの世から消えていきました。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp