現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 136:経済成長の陰に公害問題

 
 
経済成長の陰に公害問題
 
日本でも、経済成長の陰にいつも公害問題は付きまとっていました。1973年の第1次石油危機(オイルショック)の発生まで、日本経済は高度経済成長を続け、1960年代後半の実質経済成長率は10%を超えていました。この間、エネルギー需要は拡大を続け、1965年~1974年の10年間に2倍強、1955年頃から見れば実に7倍に増大しました。この時期は、大気汚染のみならず、水質汚濁、自然破壊、新幹線などによる騒音・振動などの問題も日本各地で顕在化し、深刻度を増していきました。水俣病は、工場排水中のメチル水銀に汚染された魚や貝などをたくさん食べることによ っておこったメチル水銀中毒です。爆発的大量の有機水銀が海中に放出され、それを摂取した魚類が適切に排出できずに高い濃度で蓄積し、さらにそれを食べた人間に激烈な中毒症状が発生したものです。当初は原因が分からず「奇病」と呼ばれていましたが、地名をとって「水俣病」と呼ばれるようになりました。有機水銀であるメチル水銀への曝露によって中毒となった場合、主に中枢神経系が障害され、主な症状としては、四肢末梢神経の感覚障害、運動失調、求心性視野狭窄、聴力障害、平衡機能障害、言語障害、手足の震えなどがありました。患者には重症例から軽症例まで多様な形態が見られ、症状が重篤なときは、狂騒状態から意識不明をきたしたり、さらには死亡したりする場合もありました。妊婦が摂取した場合、胎盤を経由して胎児にも影響し、先天的に障害を持つ児が生まれることがありました。イタイイタイ病は、鉱山の製錬に伴う未処理廃水により、神通川下流域の富山県で発生した公害病です。イタイイタイ病は、腰や肩、ひざなどの痛みから始まります。症状が重くなると骨折をくり返すようになるのが特徴で、全身を襲う痛みの中、ついに一人では動けなくなって寝こんでしまいます。特に恐ろしいのは、寝こんでからも意識は正常なまま「イタイ、イタイ」と苦しみ、食事も取れずに衰弱しきって死を迎えるという点でした。今世界中で問題になっている「環境問題」は、呼び方が異なるだけで、過去の「公害問題」と全く同じ性質を持っているもののようです。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp