知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 137:ベトナム戦争枯葉剤の影響

 
 
ベトナム戦争枯葉剤の影響
 
米軍は、ベトナム戦争の間に785万トンの爆弾を使用し、病院や学校などの各施設を壊滅しました。さらに、枯葉剤と呼ばれる化学兵器を使用して、解放戦線の隠れ家であるジャングルを絶滅させ、解放区で作られる農作物を汚染し、食糧を奪いました。枯葉剤は、催奇性や発がん性を持つダイオキシンが含まれている猛毒で、1961年から10年の間に約7200万リットルの枯れ葉剤を米軍は散布したのですが、その中に少なくとも170キロのダイオキシンが含まれていたそうです。枯葉剤の影響は、その時だけでは終わらず、ベトナム戦争終結後に生まれた子どもたち15万人以上に重篤な疾患をもたらしています。その影響は現在進行形であって、2世、3世へも影響が出ていることが指摘されています。8000万人を超す人口を抱えるベトナムで、そのうちの12%にあたる100万人以上が外形的障害、遺伝疾患やがんなどの後遺障害に苦しんでいるといわれています。近年、ホーチミン市は華やかになり、表向きには戦争の痕跡は見えにくくなりましたが、ベトナム戦争が残した傷は今も人々を苦しめ続けています。その枯葉剤の残りは薄められて、ラウンドアップという商品名をつけられ、今、日本のスーパーやホームセンターで誰でも手ごろに購入できるようになりました。欧米ではデモが起こって訴訟が起こされ、購入できませんが、日本だけは唯一こんな効果的な除草剤が手に入るのです。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp