現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 111:密猟は依然として減少しない

 
 
密猟は依然として減少しない
 
密猟は依然として減少していません。地球の生態系は崩れるばかりです。自然環境が変化する中、なんとか生き延びた野生動物たちには、密猟という次なる試練が待ち構えています。IUCN(国際自然保護連合)の「レッドリスト」によれば、違法なものに限らず捕獲や採集による影響を受けて、現在世界では1730種の野生動物と1517種の植物が、絶滅の危機に瀕しているといわれています。そして、このうちの多くが、違法に行なわれる密猟や密輸の犠牲になっていると考えられています。野生生物の取引を規制・禁止する国際条約「ワシントン条約(CITES)」をはじめとして、多くの国で野生生物を守る法律が整備されましたが、実際には、野山や海をパトロールして、密猟者や違法採集者を捕まえるのはなかなかできていません。ネット上にも、普通に密猟者の写真は、勝ち誇ったような顔丸出しで掲載されています。捕まらなければ何をしてもOK。富を得ることがとにかく大切だという考えが世界中にはびこっています。世界の野生の動植物を守るための国際的な取り決めは、事実上詭弁であることは明白です。毛皮、アクセサリー、ペット、漢方薬、お茶、食用、剥製、ハンティングトロフィーなどのマーケットは、大きなマーケットであり、ニーズがある限りなくならないでしょう。絶滅危惧種の保護に向けての効果的な対策はまだ何もありません。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp