知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 
■ACTIVITY / 活動:自然共生
 
 
サスティナブル自然共生
原点回帰プロジェクトとは
 
 
PRAは原点回帰プロジェクトを推進しています。それは自然環境を壊さない事業で収益を上げる試みです。プロジェクトの目的は持続可能な自然共生社会の実現です。何も傷つけず、誰も傷つけず、嘘をつかず、偽善や欺瞞や見せかけではない方法で、生きとし生けるものをみんな幸せにするプロジェクト。誰かを欺いたり、依存したりすることなく、まず自分たちにできる小さな事業から活動を始めました。私たちは学者でも政治家でもありませんし、あれこれ議論する知識などありません。ただ残された時間的猶予の中でただ地球を壊さない自然共生事業を実践するしかありません。私たちの試みで持続可能なライフスタイルがもっと明確に証明できれば、それが良い方向に向かうためのひとつのきっかけになるかもしれません。具体的なプリミティブなライフスタイルがいいものだと多くの人に受け入れられることができれば、きっと良い未来が実現できるだろうと考えています。そうすれば地球は持続可能なもっと素敵な惑星になるはずです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
◆キャンプ&グランピング事業
 
これからもっと「自然」と共生するライフスタイルがCOOLになっていくと考えています。キャンプブームは一過性のものではなく、原点回帰が本能的に気になりだした感覚によるものだと考えています。「自然」と触れ合う機会を増やし、自然と共にあるライフスタイルを提案することで、地球環境を守る意識を高めて、地球は緑あふれる環境を取り戻し、それは地球温暖化対策につながっていきます。・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆自然農レンタルファーム事業
 
現在広く行われている農業は、生産性を上げて利潤を追求する農業ビジネスです。そのせいで化学肥料が使われ、農薬が撒かれました。私たちが口にする農作物はもはや決して安全なものではなくなってしまいました。それなら、私たちひとりひとりが安全な作物を自分たちで作れば、食の安全が確保できます。農地はすでに農薬で汚染されているため、私たちは敢えて農地でなかった山林の土地で自然農園を展開しています。・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆レンタルサロン事業
 
マッサージやヨガはCo2を排出せずに地球環境も汚さず、人を幸せにすることができる究極のエコビジネスです。地球の限られた資源を使って、新しいマッサージ店をたくさん作るよりも、スキルをもった人がもっとスムーズにエコビジネスが展開できるようにという思いから、マッサージやヨガなどのスペシャリストさんに向けてレンタルスタジオを運営しています。・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆キャンプができる山林レンタル事業
 
自然の中でココロとカラダをメンテナンスできるキャンプを推進しています。アウトドアで過ごすと人はおおらかになりストレスが減り健康になれます。インドアでしか過ごさない感覚はほんのここ数十年のことであって、人類の長い歴史を見ても、人は地球と共に暮らしてきました。そして、世界中で地球環境に対する意識変化が見られています。特に若い世代は地球環境をとても意識しています。・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆山林シェアオーナーズクラブ事業
 
「ペットと眠れる森の自然葬」をテーマにした山林散骨を提供する事業。日本においては、核家族化が進み、将来墓守をする人がいないことによる墓じまいが進んでいます。特に意識高い系の人たちによる自然回帰への意識変化は大きな潮流となっており、寺院制度が現代のライフスタイルと合わなくなってきているとも言えます。こうした墓問題は、現在進行形で進んでおり、世界人口が増え続ける中、多くの問題解決につながる期待が寄せられています。人々の自然回帰の意識変化と地球環境保護・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆ノマドライフシェアスペース事業
 

世界は休日には「自然」と共生するような時間の過ごし方をするようにライフスタイルが変化しています。田舎でも世界中とつながることができますし、モノに関しても都会と変わらない便利なモノを手にすることができる時代になっています。終身雇用制が終わり、超高齢化社会で人口が減少する右肩下がりの時代です。不動産を所有していても、高齢者の孤独死は日常茶飯事です。住むという概念に関しても意識の変化が求められています。結婚という制度は事実上崩壊していますし、家という場所は寝るだけ・・・・・

⇒もっと詳しく
 

 
◆リトリート体験プログラム事業
 
非日常の体験を通して自分に向き合うことで、「何か」を得るためのリトリート体験プログラムを開催しています。考え方の癖に気づいたり、自分自身が持っている能力を自覚したり、災害時に役立つサバイバルスキルを習得したりと、非日常の環境で何かを体験することは、慣れ親しんだ日常の環境に戻ったときにも今までと違った視点をもたらしてくれます。日本は30年間変化しない経済の中で少子高齢化社会に突入し、世界的な立場は大きく変化しました。地球温暖化に伴う異常気象の発生と気候変動・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆アースシェルター事業
 
アースシェルターは、地下に空間を作る構造の避難所です。屋根や壁を土で覆っている構造によって、安定した室内気温を維持しやすくすることができるため、冷暖房のエネルギーコストを削減することができます。「自然環境を破壊しないこと」「エネルギーを削減すること」「資源を有効活用すること」「快適であること」「ファッショナブルであること」これらの条件をすべてクリアするアースシェルターは、地球に寄り添いながら、自然と敵対しない関係性を築くことができる方法です。持続可能な社会・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆アニマルファミリー事業
 
動物の命があまりにも軽く考えられています。法律ではモノ扱いです。「一寸の虫にもご分の魂」という言葉がありますが、現代社会は人間の都合だけが優先されています。動物たちはその一生を、私たち人間の都合でいいように利用されているようです。動物たちは人間の所有物なのでしょうか?もっと、他の生き物たちと共存共栄する方法はないのでしょうか?家族のように共存共栄できるプロジェクトは何かないだろうか?と考えました。猫キャンプ、ヤギカフェ、犬猫保育園などを通して・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
◆「地球の未来学校」による教育事業
 
縄文時代から始まり、日本人は自然と共生することで文化を形成してきました。自分以外のものを尊重し、常に調和を図りながら社会を形成してきました。しかし、日本は、戦後の3S政策によって、個人的な享楽志向が全体感から目を背けさせました。民度を低下させ、多くの人たちが自分のことしか考えない利己的な国民へと変貌してしまいました。そして、バブル崩壊後の20年間にわたって経済が低迷し・・・・・
⇒もっと詳しく
 

 
 
 
 
 
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp