現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 102:ホッキョクグマ絶滅危惧

 
 
ホッキョクグマ絶滅危惧
 
アメリカのGFDL(地理的流体動力研究所)は、このまま地球温暖化が進むと、2050年には北極圏の結氷範囲が1900年代の80%に減少すると予想しています。ホッキョクグマは地上最大の肉食動物ですが、現在の推定個体数は26,000頭と推定されています。しかし、近年の調査によると、個体数が減っていると見られています。ホッキョクグマが、地球温暖化や北極圏の環境悪化などの影響を受け、高濃度の環境汚染物質にさらされていることが判明しています。世界各地で発生するダイオキシン類や農薬などの有害化学物質は、はるか遠くの発生源から北極圏へと集まってきます。遠い熱帯地域で散布された農薬も、土壌に留まることなく大気中に拡散し、気流に乗って北極圏に運ばれてきます。先進国の大都市や工場周辺から流れ込んだ河川の水も、海流と共に流されてきます。結果として、北極や南極といった極地は、汚染濃度が発生地域よりも高くなる場合が少なくありません。海水に溶け込んだ有害化学物質は、まず植物プランクトンの体内に入ります。するとそれを食する動物プランクトン、さらにそれを食べる小魚へと少しずつ濃縮されながら、内臓や脂肪へ蓄積されていきます。食物連鎖を通じて生体濃縮を起こし、アザラシやホッキョクグマなど生態系の上位にいる動物にまで、高濃度の有害化学物質にさらされることになります。そして、一度取り込まれた有害化学物質は、分解・代謝されないまま生物の体内に残留しつづけ、世代を超えて、その子どもたちにまで汚染が引き継がれてゆきます。ホッキョクグマの血液中から、高濃度のPCB(ポリ塩化ビフェニール)などが検出されています。ホッキョクグマの約1.5%に生殖器の奇形も確認されました。PCBは家電などにかつて使用されていた工業材料で、電気を通さない絶縁性に優れ、高熱でも分解しにくい物質です。これは、体内での抗体生成を阻害されて病気への抵抗力を弱め、死亡率を増加させています。こうした、有害化学物質は、ロシア、東ヨーロッパ、アジアなどで、未だに広範囲で使用されています。油田開発も環境汚染を引き起こしています。原油がホッキョクグマの体に付着すると、ホッキョクグマの体力を消耗させ、原油で汚染された食物を摂取すると、肝臓や腎臓を破壊します。北極圏ではアザラシやホッキョクグマから高レベルの水銀やカドミウムなども検出されています。核実験や原子力発電所の事故、核再処理施設からの放射能漏れが原因です。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp