知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 013:若者が自殺する率が世界一

 
 
若者の自殺が世界一
 
日本全体の自殺率は、少し前のピークから徐々に下降傾向ですが、なんと15歳~24歳の間の若者の自殺率が上がっています。ヨーロッパの自殺率は日本の約半分程です。若者の死因トップが自殺であるという現実は、G7先進国の中で日本だけです。交通事故や癌ではなく自殺が死因のトップです。自殺の主な原因は、仕事のストレスや鬱やいじめなど様々ですが、若者が未来に希望を持てないドライな社会がいかに蔓延しているかがうかがい知れます。年齢区分をしないと、日本の自殺者総数は世界全体で第3位ですが、主要国首脳会議 (G8) の加盟国中ではロシアに次いで第2位となっています。「銃社会」といわれ、銃による自殺が多い米国でさえ、自殺死亡率は日本の半分以下ですし、英国に至っては3分の1以下です。1998年以降の日本の自殺の実態として特徴的なのは、自殺者の7割以上(平成18年 71.6%)を男性が占め、なかでも45~64歳の中高年層で男性の自殺者の約4割を占めている点です。職業別の自殺者数で見てみると、平成10年に「無職者」「被雇用者」「自営業者」の自殺が急増し、現在もなおその傾向が続いていることも重要な特徴です。政府は経済的に豊かにすることが自殺者数を減らすことと考えているようですが、経済的に困窮した人を救う社会が整っていないとは考えられないでしょうか。行方不明者数は自殺には含んでいませんので、これを加えるとダントツ世界一に躍り出る可能性もあります。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp