知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 109:大型台風は気候変動の影響

 
 
大型台風は気候変動の影響
 
近年、大型化して接近や上陸によりいくつもの被害をもたらしている台風は、その発生や大型化の原因の一つに地球温暖化が関係していると言われています。赤道近くとなる熱帯地方では、太陽の日差しが強く海水面の温度を上昇し、海水は温度が上昇すれば蒸発していきます。空気は温度が上がることで膨張し、上昇する傾向があるのです。これによって多くの水蒸気を含んだ上昇気流が海上で発生します。上昇気流により運ばれた水蒸気は、上空に運ばれることで冷やされて凝結し、雲を形成し巨大な積乱雲を生み出すのです。地球の自転による風が吹き込み、温度が高く湿気のある空気が反時計回りに回りだします。これが台風です。気象庁が公開している地球全体の二酸化炭素の経年変化のデータを見れば、1985年と比較して2020年の二酸化炭素濃度は約18%増加しています。今後も台風や大雨の発生リスクは、上がることはあっても私たちの世代において下がることはないでしょう。地球温暖化が進んだ世界では、強い熱帯低気圧が増加する可能性が高いと言われています。地球温暖化は、私たちが予想しているよりも早い速度で進行しています。ご存じのように、日本は、台風の通り道にある国です。台風をはじめとする自然災害は、予想以上に身近にあります。それは突然訪れます。気候変動によってもたらされるリスクは、私たちが今までに経験したことのない様々な現象が起こることが予想されます。私たちは日常から災害に備えておく必要があるでしょう。気候変動を見据えたリスクマネジメントはひとりひとりにとって急務であることを忘れないでください。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp