知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 
■TOPICS / 012:精神科の病院数と入院ベッド数が世界一
 
 
精神病院数が世界一
 
日本には、8605の病院があるのですが、その内の1076棟、12.6%が精神病院が占めています。世界には入院する患者用のベッドが186万個ありますが、その内の34万個が日本にあります。これは世界の精神科で入院している患者5人に一人は日本人と言う事になります。厚生労働省のデータでは心を病む人は約300万人。つまり40人に1人は通院しています。しかし、この数字には通院していない人は含まれていません。引きこもったり、自殺をするまで追い込まれたり、犯罪に走ったりするなど、実際にはその何倍もの人が心を病んでいるのが実情でしょう。自覚症状のない人も含めて、日本の人口の半数が心を病んだ経験があるとも言われているます。なぜ、心を病む人は急に増えたのでしょうか?今でも自然の中に暮らす人や自然な生活をしている人は心を病んでいません。生きることに一生懸命だった頃の以前の日本には病んでいる人は明らかに少なかったのです。現代はモノがあふれ、情報が毎日スマホから煽ってくる毎日です。現代人には心を休める時間はほとんどありません。利己主義がはびこり他人のことなどどうでもよいドライな社会では、誰しもが長生きすることとお金を集めることにしか興味を持っていません。人と人との関係が希薄になり、人に向き合うことが義務ではなくなりました。家庭や地域でのつながりが切れて孤立化してもネットの世界に逃げ込めば誰かとは間接的にでも繋がれる。ゆえにコミュニケーションがきちんとできない人が増えています。抱えているストレスが外に向けば犯罪を助長させます。自分に向けば引きこもりや自殺などへつながります。それが日本の現状となっているのは否めません。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp