現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 025:社会インフラの老朽化

 
 
社会インフラの老朽化問題
 
社会的なインフラが老朽化しています。高度成長期以降に整備された道路橋、トンネル、河川、下水道、港湾等について、今後20年で建設後50年以上経過する施設の割合が加速度的に高くなります。社会インフラのメンテナンスは人命に関わるため、その対応は急務のはずです。しかし、その費用は今後50年間で総額450兆円と試算され、国家予算100兆円よりも大きく、人材不足等の課題もありなかなか進んでいません。人口減少社会で今までと同じだけインフラが必要な理由もありませんし、不要なものは削っていく省インフラが求められています。公共施設の建物は民営化し、学校は統廃合し、図書館はデータ化すればいらなくなるでしょう。もっとも、政府は、近いうちに来るであろう南海トラフや首都直下地震、富士山噴火をもくろんで、それまで放置している可能性もあります。そのほうがずーっと費用が抑えられますし、いちいち住民の反対運動などに対応している労力も削減できます。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp