知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 034:苦しませるための絞首刑

 
 
苦しませるための絞首刑
 
日本における死刑執行は絞首刑によるものです。死刑囚は、刑の執行を当日知らされます。布で目隠しをされ、後ろで手錠をされると目の前のカーテンがするすると開き、天井から垂れ下がる縄が現れ、その下に連れて行かれ首に縄がかけられます。足元には1メートル四方ぐらいの踏み板があります。ガラス窓の向こうにいる職員3人が3本のレバーを同時に引くことで、誰が直接命を奪ったか分からないようにする仕組みですが、幹部が合図をすると、バーンという大きな音で踏み板が開いて、死刑囚は目の前から消えるように落ちます。縄は反動で大きく揺れますが、地下に控えていた医務官が縄の動きを止めて、胸をはだけて聴診器を当てます。心臓がどくんどくんと動いているのがわかりますが、止まるまで放置するのが流れです。日本の死刑は法務大臣の命令によって、全国7カ所の拘置施設で執行されます。執行方法は刑法で絞首刑とされています。死刑には、世界各国で様々な歴史と様式があります。2020年時点で、ヨーロッパ、南米、カナダやオーストラリアなどの106カ国で全ての犯罪に対して死刑は廃止されています。また一般犯罪においては死刑を廃止していますが、戦時犯罪行為にのみ死刑を定めている国が8カ国あり、ブラジルやイスラエルがそれに当たります。近年では、死刑存置国の間でも絞首刑、銃殺刑、電気椅子、ガス殺、注射殺(毒殺)・服毒などに絞られつつあり、比較的肉体的な苦痛の少ないと考えられる方法を採用するのが主流となっています。受刑者の苦痛を最大限に引き伸ばす人類史上最も残虐な処刑は「首吊り、内臓えぐり、仕上げは八つ裂き」であり、ギロチンは一番苦痛の少ない方法として取り入れられたもので人道的方法として認識されていますし、ガス室は健全な方法として世界では認識されていますが、日本は絞首刑しかありません。タイは薬殺。インドネシア、タジキスタンは銃殺。中国、台湾、ベトナムは薬殺か銃殺。インド、北朝鮮、アフガニスタン、バングラデシュ、イラク、オマーンなどは絞首か銃殺。絞首刑のみが行われていているのは、シンガポール、マレーシア、日本の3国しかありません。いっそのこと、死刑など止めて、囚人たちには日本の医学の発展のために人体を提供してもらうのはどうでしょう?人体実験は世界に先駆けた試みですし、すべての人類にとって有意義ですし、人様に迷惑をかけた分、役に立ってもらうことで、万が一あの世に行っても帳尻合わせができるという考え方はおかしいのでしょうかね?
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp