知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 129:海水温度上昇とウニの大量発生

 
 
海水温度上昇とウニの大量発生
 
地球の温暖化で水温が上がったことが原因のひとつと言われる「ウニの大量発生」。 大量発生したウニは磯の海藻を食い荒らすため「磯焼け」という現象が起き、魚のすみかとなる海の環境が悪化する為、漁業にも大きな影響を与えています。カリフォルニア州沿岸は、ムラサキウニが大量発生し「紫の絨毯」と化したそうです。磯焼けした海底はムラサキウニでびっしりと覆われ、それが何キロにもわたって続いています。このような不毛な海底は、サンフランシスコ北部のマリン郡からオレゴン州まで、640キロを超える沿岸一帯に広がっています。カリフォルニア州の磯焼けは国際的な水産物市場に影響を与え、沿岸一帯に深刻な環境危機を引き起こしています。日本でも、東日本大震災の津波で環境が変わった三陸の海で、ウニの異常な大量発生が起きています。身の入りが悪く売り物にならない上、海藻を食べ尽くして、隠れ家や産卵場所を失った魚まで数を減らす結果になっています。神奈川県水産技術センターが始めた取り組みでは、ウニが廃棄キャベツ、ミカン、パンの耳などの残飯を食べることがわかりました。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp