現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 040:日本はなくなるかもしれません。

 
 
日本はなくなるかも?
 
中国はすでに香港を手に入れました。台湾も手に入れられる日はそんなに遠くないでしょう。台湾の次は日本かもしれません。もしもの話ですが、ある日、中国人民解放軍が東京湾に入ってきたとします。自衛隊は来るな!とはいうでしょうが、あちらはどんどん進んできます。何も攻撃しないままただ進行してきます。それでも自衛隊は一切の手出しはできません。何故なら憲法で先に攻撃することができないと定められているからです。そのままあちら様はは上陸するでしょう。岸田総理が「何ですか?話は聞きますよ。」と言ったら、「自治区にします。いいですね?白旗をあげてください。」と言われて「はいわかりました。」と総理は答えました。・・・・・勝手な妄想でした。日本には、米軍が駐留していますが、果たして米軍は守ってくれるのでしょうか?一応、何らかの守った的な姿勢は見せてくれるのでしょうが、本気で日本という国を守ってくれるのかどうかはわかりません。今から25年前に、李鵬首相がオーストラリアの第25代ジョン・ハワード首相に対して話した内容は以下の通りです。「いまの日本の繁栄は一時的で日本人はもうすぐこの世からいなくなる。20年もしたら国として存在していないのではないか。中国か韓国、あるいは朝鮮の属国にでもなっているかもしれない」もし、尖閣諸島に中国が上陸した生じた場合、現実問題として日本はどう対応するのでしょうか。北朝鮮の核弾頭保有数は35〜37発とされ、中国は日本に核弾道ミサイルを撃ち込める力を持っていますし、人民解放軍が日本を攻撃するのに使用できる長距離巡航ミサイルは1000発以上を保持しています。日本を取り巻く安全保障は年々、厳しさを増すばかりです。日本の周りには中国、北朝鮮、ロシアなどの社会主義国ばかりです。自衛隊は、自衛のための必要最小限度の実力を持つことは憲法で禁止されていませんが、日本に対して武力攻撃が加えられた場合にだけ、国土を防衛する手段として武力を行使することができるのであって、それ以外は何もできない事実は忘れてはなりません。まあ、富士山の噴火や南海トラフなどの自然災害が起きるまではないでしょうね。片付いた跡に攻めたほうが何かと楽でしょうから。でも、もしあなたが不動産を所有しているのだとしたら、土地はすべて没収されることになるでしょう。社会主義国家においては、土地の個人所有は認められていませんから。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp