現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 
■TOPICS / 008:水道水の塩素濃度世界一
 
 
水道水の塩素濃度世界一
 
日本の水道水は安全だと思っていませんか?それは大きな勘違いです。日本は、水道水に含まれる塩素の濃度が世界一です。世界一危険な水道水です。塩素は、プールの消毒・殺菌や、漂白剤にも使われる劇薬です。皮膚を溶かし、アトピーに代表される皮膚病の原因になり、体内に入れば死にも至る危険な物質です。海外でも水道水の殺菌・消毒に使っている塩素ですが、海外と日本では基準や考え方がまるで異なっています。日本では、塩素濃度の基準値は、『最低0.1PPM以上の濃度でなければならない』と定めているのに対し、ヨーロッパでは「0.1ppm以下にしなければならない」とされています。東京、大阪、福岡などの大都市では1.0~1.5ppm、他の地方都市では0.4~1.0ppmという数値が一般的ですが、これは、ヨーロッパ諸国の基準の4倍~15倍の塩素濃度です。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp