知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 139:ミツバチがいなくなった世界

 
 
ミツバチがいなくなった世界
 
10年ほど前から世界中で見られるようになったミツバチの大量死。その原因は日本でも広く普及しているネオニコチノイド系農薬であるといわれ、欧米を中心に使用を規制する動きが進んでいます。ハチミツ採取だけでなく、野菜や果樹の受粉に関わるミツバチの減少が及ぼす農業への影響は大きく、問題は深刻です。ミツバチの群の大部分が女王蜂や幼虫などを残したまま突然失踪してしまう現象、つまり蜂群崩壊症候群(CCD)は、2006年に米国各地で報告されて以来、欧州を中心にさまざまな国で報告されてきました。多種多様な農作物の生産に必要な花粉交配においてミツバチが極めて重要な役割を担っていることや、そうした需要に応じるためのミツバチの供給数が圧倒的に不足していることがニュースでもとりあげられました。企業は、有害な農法を用いることによって、受粉媒介者の減少に直接的な影響を与えています。温室効果ガスの排出によっても、間接的にミツバチの生息地を破壊し、気候変動にも影響を及ぼしています。ミツバチの数が減少すれば農作物の収穫量が減り、農業、食糧の輸送、医療などの分野の企業収益に大きな影響を及ぼします。企業は自然を優先する責任を持つ必要があるのに、実際には環境は悪化するばかりです。ミツバチは環境の異変に敏感な生き物で、ミツバチの消失はその生息地の生態系の崩壊を警告してるとも言われています。ネオニコチノイド系殺虫剤とは、平成5年頃から使用されている殺虫剤の総称です。ネオニコチノイド系農薬は一般に売られています。住友化学 ダントツ水溶剤、住友化学園芸 ベニカベジフルVスプレー、ニッソーグリーン マツグリーン2液剤、バイエルクロップサイエンス アドマイヤー1粒剤、日本曹達(日本ソーダ) モスピラン粒剤、住友化学 スミチオン乳剤、住友化学園芸 GFオルトラン粒剤、アリスタライフサイエンスなど。あなたがもし、日常的に殺虫剤を使用しているのなら、あなたが生態系を悪化させる要因を作っていることになります。ミツバチがいなくなった世界は、人間も生きられない世界です。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp