知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 130:サンゴ礁死滅による生態系変化

 
 
サンゴ礁死滅による生態系変化
 
サンゴ礁は危機的な状況にあります。サンゴ礁は全海洋のたった0.2%を占めているに過ぎませんが、海洋生物の種数の1/4~1/3がサンゴ礁に生息すると言われるほど生物多様性の豊かな海域です。地球温暖化の影響により、高水温の発生する頻度が高くなると サンゴに共生している褐虫藻が体内から喪失します。 その結果、サンゴ自体の骨格が透けて、白く見えるサンゴの白化現象が起こります。 さらに、この状態が長く続くとサンゴは褐虫藻から栄養を受け取ることができず、やがて死滅します。サンゴ礁に対する環境の悪化は、温暖化以外にも土の流入なども影響しています。日本はサンゴ礁を有する数少ない先進国のひとつですが、環境省那覇自然環境事務所による調査結果によると、少なくとも一部白化したサンゴが97%に達し、死滅しているものが56%に上っています。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp