現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 021:限界集落と地方消滅

 
 
限界集落と地方消滅
 
限界集落の問題で一番最初に出てくるのは、住民が利用するインフラの維持が困難なことです。高齢化が進み人が少なくなった土地では当たり前にあったはずの行政サービスが利用できなくなるという問題が取り上げられています。しかし、固定資産税や都市計画税が足りないからそうしたサービスが受けられないのなら、オフグリッドの家に改装して、自給自足生活を可能にするという選択肢もあります。人が少なくなることで動物や植物など生きとし生けるものが生活圏内に侵入して住民の生活を脅かしてしまうこともあるようですが、地球は人間だけのものではありません。これは仕方のないことでしょう。いかに共存していくかを考えればいいのではありませんか。もっと言えば、原点回帰の生活様式に戻して昔のようなライフスタイルを楽しもうと頭を切り替えてもいいのではないでしょうか?今まで通りの行政サービスを求めているなら、経済を促進してたくさん納税するしかありません。今は日本中何処へ行っても同じような街並みです。諸外国では地域ごとに個性的な街並みがあります。細かく条例が定められていて、どんな企業もその枠の中でビジネス展開をしています。それが個性的な都市を作り、経済や文化を発展させます。まさにそれが政治であり、夕張市のように明確な個性のない地方都市の消滅を繰り返さないためにも今こそ明確な方針を地方自治体が打ち出さなければならないタイミングでしょう。地方都市をテーマパークのようにイメージするとわかりやすいのかもしれません。ディズニーランド内にエリアが分けられているように、個性が明確に伝わるような街づくりができれば、日本人も外国人もそこを訪れることでしょう。町おこし村おこしのレベルが貧弱すぎるのではないでしょうか?日本中に外国人街があります。横浜の中華街は一大観光スポットです。昔シャムに山田長政が日本人町を作ったこともありました。外国人労働者を受け入れて空き家に住んでもらって新たな異国情緒な街を形成していってもいいのではないでしょうか?外国人が嫌なら企業の誘致を進めればいいはずです。実際に過疎地域にIT企業を誘致したことで周辺に飲食店なども増え、地域の活性化と人口増加に繋がったというケースもあります。それには土地を無償で譲渡し、税金を10年間タダにするくらいの斬新なアイデアが求められています。諸行無常。変化するのは世の常でしょう。これからのグローバル社会ではいろいろな考えの人たちと共存共栄していく社会を前向きに構築するべき時代です。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp