現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 107:気候変動による山火事

 
 
気候変動による山火事
 
米カリフォルニアでは2020年8月から、過去18年で最も深刻な山火事が続きました。大規模な火災によって空高く舞い上げられた煤煙の粒子は、北極圏まで運ばれ、そこでの温暖化を促進したと科学者たちは語りました。火災から発生した煤煙の粒子は「ブラックカーボン」と呼ばれ、これによって、北極圏の気温は、地球全体の平均気温の2倍の速さで上昇しているといいます。科学的なモデルではすでに、北極の夏季の氷は今世紀半ばには完全になくなると予測されています。山火事の原因をめぐっては、ギャヴィン・ニューサム州知事が気候変動が原因だと指摘し、政治的な問題にまで発展しました。英イーストアングリア大学のマシュー・ジョーンズ博士は、「気候変動によって、どの州でも森林が頻繁に高温乾燥状態になっている。それが、私たちがいま目にする山火事の規模と被害につながっている」と話しました。パシフィックノースウエスト国立研究所(PNNL)の気候科学者であるルビー・レオンは「通常、カリフォルニアでは10月に雨の季節が到来して3月まで続きます。ところが近年は、その始まりが遅くなって、通常なら雨期にあたる時期に乾期がやってくる」と話しています。将来を予測する気候モデルを見てみると、山火事のシーズンは長期化していくようです。カリフォルニアで発生した山火事も地球温暖化による気候変動がもたらしたものですが、その大本は気候変動の原因を作った人災だと言えるでしょう。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp