現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
プロジェクト
PROJECT
NGO非政府組織
メンバー募集
WANTED
ボランティア
 

■TOPICS / 135:ビキニ環礁で行われた水爆実験

 
 
ビキニ環礁で行われた水爆実験
 
ビキニ環礁は日本から南東に約3700km離れた、太平洋上に浮かぶマーシャル諸島の一部です。1946年から1956年までアメリカの核実験場として利用され、23回もの核実験が行われました。1946年当時、ビキニ環礁には約160名の住人が暮らしていましたが、核実験のために全員が他の島へと移住することになりました。そして、現在でもビキニ環礁の島民は島へ戻ることができていません。繰り返された核実験により島の環境は強く汚染されたからです。1954年には、アメリカ軍の水爆実験に巻き込まれ、第五福竜丸をはじめとする数百隻の漁船乗組員が被曝しました。この事件をきっかけに占領から幾年も経ていない日本で反核運動が盛り上がりましたが、アメリカ政府が責任を認め、謝罪することはありませんでした。そして、旧ソ連による核実験が行われた場所では、化け物のようになった人間が生きています。実験の傷跡は今もまだ生々しく残っています。爆発による「被爆」は目視でき、被害がある程度特定できます。しかし、核実験の被害は、ほとんど解明されていません。放射線による「被曝」は、目に見えず、その被害は医学的な裏付けができないまま泣き寝入りする。ということが繰り返しされてきました。核実験は、アメリカ、イギリスだけではなく、ロシア、中国、フランス、インド、パキスタン、北朝鮮・・・など多くの国で行われました。その被害は最も大きな環境破壊と言われています。環境省のHPによると以下の記述がありました。「これらの大気中核実験が実施されたことから、これに起因する放射性降下物が地球全域に降り注ぎました。2011年3月11日以前の日本で検出されている放射性セシウムやストロンチウム90はこのフォールアウト由来であると考えられています。」核実験の影響は60~70年経った今でも、世界中に影響を与え続けています。
 
 
 
 

これが世界の現実だ!

 
地球温暖化対策 永久凍土融解 ホッキョクグマ サンゴ礁死滅 ウニの大量発生 赤潮の原因
           
漁網 プラスチック問題 森林消滅 森林破壊 干ばつ 森林消失
           
山火事 熊本集中豪雨 大型台風 Co2排出量 石炭輸入国 化石賞
           
使用済み核燃料 エネルギー産業 フリーエネルギー ミツバチ 密猟 ペット産業
           
SDGsの実態 新種ウィルス 資源争い 活火山噴火 地震の予知 国連
           
WHO 宇宙開発 宇宙ゴミ 月の土地 地球温暖化は嘘 地球よりもお金
           
水爆実験 公害問題 ベトナム戦争枯葉剤 過去の文明 ホーキング博士 農薬使用量
           
食品添加物 遺伝子組み換え作物 自動販売機 食べ残し廃棄量 牛肉輸入量 ペット殺処分数
           
水道水の塩素濃度 高齢化率 寝たきり 子供が少ない割合 精神科の病院数 若者が自殺する率
           
戦わない国民 競走馬を食べる 競走詐欺 頑固じじい消滅 ワクチン接種 人工妊娠中絶
           
人口減少 地方消滅 空き家問題 自然災害 インフラの老朽化 国の借金という嘘
           
勘違いな教育 偽善や欺瞞ばかり産業 進む海岸浸食 税金問題 シルバー民主主義 日本の警察
           
留置所拘束期間 日本文化の消滅危惧 日本の精神性の崩壊 思考停止する国民 人を助けない国民 苦しませるための絞首刑
           
赤ちゃんポスト ヤクザより半グレ 外国人にも支給中 日本国土が買われて 与党にケチつけるだけ 国旗掲揚問題
           
日本はなくなるかも トルーマン大統領 グローバル社会の到来 散っていった人たち 東京裁判の真実 靖国神社
           
       
衰退途上国 国家はいらない?        
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
1-1-28 Kugenuma-fujigaya Fujisawashi Kanagawa #251-0031
http://pra.or.jp