知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 135:ビキニ環礁で行われた水爆実験

 
 
ビキニ環礁で行われた水爆実験
 
ビキニ環礁は日本から南東に約3700km離れた、太平洋上に浮かぶマーシャル諸島の一部です。1946年から1956年までアメリカの核実験場として利用され、23回もの核実験が行われました。1946年当時、ビキニ環礁には約160名の住人が暮らしていましたが、核実験のために全員が他の島へと移住することになりました。そして、現在でもビキニ環礁の島民は島へ戻ることができていません。繰り返された核実験により島の環境は強く汚染されたからです。1954年には、アメリカ軍の水爆実験に巻き込まれ、第五福竜丸をはじめとする数百隻の漁船乗組員が被曝しました。この事件をきっかけに占領から幾年も経ていない日本で反核運動が盛り上がりましたが、アメリカ政府が責任を認め、謝罪することはありませんでした。そして、旧ソ連による核実験が行われた場所では、化け物のようになった人間が生きています。実験の傷跡は今もまだ生々しく残っています。爆発による「被爆」は目視でき、被害がある程度特定できます。しかし、核実験の被害は、ほとんど解明されていません。放射線による「被曝」は、目に見えず、その被害は医学的な裏付けができないまま泣き寝入りする。ということが繰り返しされてきました。核実験は、アメリカ、イギリスだけではなく、ロシア、中国、フランス、インド、パキスタン、北朝鮮・・・など多くの国で行われました。その被害は最も大きな環境破壊と言われています。環境省のHPによると以下の記述がありました。「これらの大気中核実験が実施されたことから、これに起因する放射性降下物が地球全域に降り注ぎました。2011年3月11日以前の日本で検出されている放射性セシウムやストロンチウム90はこのフォールアウト由来であると考えられています。」核実験の影響は60~70年経った今でも、世界中に影響を与え続けています。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp