現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 110:SDGsの実態は見せかけ経済

 
 
SDGsの実態は見せかけ経済
 
SDGsの実態は経済優先、開発優先、環境軽視です。自然破壊は進行しています。地球上で人間だけが動植物の大量虐殺を行ってきました。でも壊した分だけ地球環境を戻そうとはしていません。経済が貧困を減らし、経済が技術革新を実現できると主張してながら、今でも世界は温暖化対策を名目にビジネスをしています。偽善欺瞞のビジネスで環境破壊を進行させています。世界中が経済的な豊かさばかり追い求めています。「SDGsウオッシュ」とは、SDGsを逆手にとって環境にいいと見せかけているだけの偽善や欺瞞を言います。企業がSDGsに本気で取り組む気はないのに、消費者などへの訴求効果を狙って、あたかもSDGsに配慮しているかのように見せかけて、イメージアップを図るというやり方のことです。実際に持続可能な社会の実現に向けて尽力しようとしても、ほとんどの場合が何をどうすればいいかが見出せず、見出せたとしても短期的に利益を創出しなければならない資本主義のジレンマによって、大胆な意思決定は阻害され、身動きがとれなくなってしまっています。私たちPRAは、そんな数少ない方法の中で、世界的な問題を討議し、「足るを知る」ことで、プリミティブ社会の実現に向けて活動しています。私たちにできる方法で持続可能社会の実現のために具体的な活動を行っています。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp