知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 120:国連という組織の正体

 
 
国連という組織の正体
 
国連という組織は何でしょうか?いわゆる国際連合(国連)ですが、英語で「United Nations」と言います。「連合した国々」を誰かが「国際連合」と訳したものです。2013年の国連通常予算に対する加盟国の分担は、日本は約3億450万ドル(約290億円)で、米国の約6億1850万ドル(約590億円)に次ぐ2位。常任理事国である英仏中各国のほぼ倍、ロシアの4倍以上の金額です。この数字が大きいほど国連での発言力は強くなるそうだが、日本の発言力は決して強くありません。日本の国力を考えれば常任理事国に入ってもっと国際平和に貢献すべきだと主張すると、中国のジャーナリストに一蹴されたこともあります。「日本の常任理事国入りはありえない。中国は拒否権を使う」「UN(国連)は第2次世界大戦の戦勝国がつくった組織。名称も『連合国』だ。戦勝国が常任理事国という構成は絶対に譲れない」と反論されたそうです。国連のルールでは、常任理事国の中の1か国でも拒否権を発動されると物事がきまらないルールになっており、多数決の民主主義ではないのが特徴です。そして、1945年の日本の降伏文書にも国連の存在意義は「米国、中華民国、英国、ソ連、そして日本と戦争中のその他の連合国(United Nations)の利益のため」とはっきりと書かれています。国連という組織。そのHPを見れば、その目的は、国際平和・安全の維持。諸国間の友好関係の発展。経済的・社会的・文化的・人道的な国際問題の解決のため、および人権・基本的自由の助長のための国際協力。と書かれています。国連本部は、アメリカ合衆国ニューヨークのマンハッタンにあり、世界のほとんどの全地域を網羅している組織です。ただ、国連が「国際連合憲章の下で1945年に設立された国際機関」であるという筋書きは、あくまでも建前であって、実際には、第2次世界大戦の戦勝国が世界を牛耳るために作った組織であることを私たちは忘れてはなりません。「勝てば官軍負ければ賊軍」という言葉があります。「戦いに勝ったほうが正義になり、負けたほうが不義となる。道理はどうあれ強い者が正義者となる」という意味ですが、敗戦国の国民である私たち日本人は、現在においてもこの事実が続いていることを忘れてはならないでしょう。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp