知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 105:干ばつは気候変動の影響

 
 
干ばつは気候変動の影響
 
気候変動による干ばつが世界中で見られます。世界の多くの地域で干ばつの日数は増加するという予測になっています。干ばつが増えると心配なのは水不足です。2000年時点で、世界の33%の人が必要なときに必要な量の水が得られない水不足地域に住んでいます。それが4°C温暖化すると水不足地域は、世界の47%〜50%になります。温暖化すると海水面の温度が上昇し、大気中の水蒸気量も増えることで、海水面から蒸発する水蒸気量が増加します。水蒸気量の増加は世界平均でみると降水量の増加をもたらします。しかし気候システムは複雑で、すべての地域で降水量が増えるわけではなく、熱帯や高緯度では増え、亜熱帯では減ります。温暖化して3°C気温が上昇したら、日本付近では1.5倍くらいになります。強い雨の頻度が増えると、洪水も多発します。大気中のCO2が増えるとそこから海に溶けていくCO2の量も増えます。すると海水が酸性になっていきます。酸性化が進むと貝やサンゴがダメージを受けます。さらに、貝やサンゴと関係しているいろいろな生き物にも影響が及びます。水不足や資源不足は国際紛争を招くかもしれません。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp