現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 015:競走馬を食べる習慣

 
 
競走馬を食べる習慣
 
馬肉はどこから来ているのか、ご存じですか?競走馬として繁殖させられた馬は食肉となって私たちの口に入ります。あの華々しい活躍をした有名な競走馬も食用になっています。競走馬は日本で年間8000頭が誕生しています。この中からデビューできる馬は7割程度。競走馬として活躍するために生産された仔馬たちは、さまざまな理由で方向転換させられます。血統的に良くても馬主が見つからない場合は、早々に食肉として各地の農場に送られます。事故、故障、病気、能力などさまざまな問題点から競走馬としての資質に欠けると判断された馬もまた、食肉として処分されます。2歳を迎えるころの牡馬は特に筋肉質で食肉として扱いづらい為、よく言われる加工食品などに用いられています。無事に競走馬としてデビューできた馬も、その半数以上が加工肉となっています。現役競走馬の体は筋肉と骨に少しばかりの赤身しかありませんから、肥育と言って3か月くらいの期間で無理やり太らされてから、と殺場に運ばれます。テレビの民法放送で見ている馬たちは、狭き門を潜り抜けてきたエリートたちですが、このスポットライトを浴びた馬でさえも、その多くは食肉として処分されています。競馬は人間が作り上げたビジネスで、馬という生き物を使った経済活動でしかありません。居酒屋で馬肉を注文したときに食べたのはあの有名な馬だったかもしれません。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp