知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 016:競走詐欺の闇

 
 
競走詐欺の闇
 
競馬は、JRA日本競馬会によって運営されている公営ギャンブルです。収益の上がるビジネスは国が独占し、民間には許されていないのは昔からそうですが、さらに手厚いしくみも備わっています。JRAの管理する施設内で競走馬が不慮の事故で怪我をしたり病気に罹って一定期間レースに出走できなくなった時、馬主に見舞金が給付される制度があります。「競走馬事故見舞金」といって、競走中の事故により死亡、または安楽死の処置を受けた場合は、630万円もの見舞金が支払われます。競走中の事故により競走能力を喪失した場合は590万円が支給されます。つまり、ちょっとした怪我でも馬主は馬を引退させて食肉にしてしまったほうが儲かるというしくみです。これによって馬肉が出回っています。それだけではありません。騎手はレース前日は調整ルームに入って宿泊が義務付けられていることをご存じですか?毎日のように騎乗している騎手は平日の間はずっと調整ルームで携帯もダメ、ネットもだめ、テレビもダメ、外出もダメ、夜食もダメです。ここで何をやっているのか?疑問を持ちませんか?外部と一切連絡が禁止されている理由を不思議には思ったことはありませんか?理由は予行演習をしているからです。レースごとに1着2着3着とすべて勝敗は決められています。プロレスと同じで八百長です。政治家や一部の有力者、JRA関係者はこのことを知っています。稀に失敗することがあったとしても、9割がたの確率で当てることができます。こうして、裏でお金をかけて公然と収入を得ています。その答えを知っている人間は自分の個人的な知り合いを通じてお金を集めて配当を出しながら自分は莫大な利益を上げるという構造がそこにあります。競馬の配当は基本確定申告の義務がありませんから、やりたい放題できます。騎手の報酬がべらぼうに高いのは、そのための口止め料といったところでしょう。このことを口外したら本当に殺されるという話も聞いたことがあります。人間も馬も
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp