知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 019:人工妊娠中絶問題

 
 
人工妊娠中絶問題
 
2020年度、日本国内では14万5340件のの人工妊娠中絶が行われました。ピーク時である1955年の約117万件からは大幅に減少しましたが、今も一日あたり398件のペースで人工妊娠中絶が行われています。年齢別でみると、30歳以上が45%(6万8,416件)、20〜24歳が25.2%(3万6,573件)、25〜29歳が20.2%(2万9,293件)、また20歳未満でも8.4%(1万1,058件)存在し、10代に限れば1日に約30人が中絶していることになります。人工妊娠中絶の方法を見てみると、世界でスタンダードとなっている手法が日本では用いられておらず、日本の女性は選択肢が極端に少ない現状が見えてきます。現在、WHO(世界保健機関)が中絶に関して安全な手法であると推奨しているのは「薬剤」による中絶と、「手動真空吸引法(MVA)」の2つです。中絶のための薬剤(中絶薬)は、1988年にフランスで開発され、2000年頃から世界中で急速に普及するようになり、現在では世界60カ国以上で認可されていますが、日本では中絶のために用いることが未だに認められていません。手動真空吸引法(MVA)というのは、子宮のなかに細く柔らかいチューブを差し込み、手動吸引器で内容物を吸い取る方法です。1961年からアメリカで開発が始まり、1980年代以降に世界各国で普及、現在では100ヵ国以上で使われている方法です。日本でも2015年にMVAが認可されましたが、使い捨ての器具の費用が1キット2万円程度かかります。中絶薬が認められておらず、MVAもコスト面で高いハードルがある日本で多く行われている方法は「掻爬術(そうはじゅつ)」と呼ばれる金属棒で子宮から掻き出す手術、あるいは金属の吸引器具を子宮内に入れ電動で吸引する「電動吸引法(EVA)」という手法です。2012年の調査によると、12週までの人工妊娠中絶手術のうち約33%は掻爬法、約47%が掻爬法と電動吸引法の併用によるものだったということです。人工中絶は、国が推進している女性の社会進出にも原因があります。 それでいて少子化を問題視しているのが現政府です。育てたくても経済的に育てられない現実もあります。少子化を止めたいなら、産んでもらって国が育てるしくみを作ればいい。人間よりも進化していると言われているイルカは、誰の子であってもメスたちが協力してみんなで育てています。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp