現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 030:日本文化の消滅危惧

 
 
日本文化の消滅危惧
 
我々、日本人は2000年を超える歴史の中で、他国の影響を受けつつも独自の文化を築き上げてきました。一つの文明がこんなにも長い期間続くことは、世界的にも稀なこと。日本の文化や伝統は世界に誇れるものだと考えています。しかし最近は、度重なる災害や人口減少の影響で、こういった独自の文化や文化財が失われようとしているのも事実です。日本文化の起源は、縄文時代までさかのぼり、当時の日本人の祖先は自然のなかで暮らし、自然には決して逆らわないように生きてきました。その理由は、自然の力は人間よりも遥かに高く、仏教の教えでもある「空」の思想ともいわれており、死に対しては動物のありのままの姿として日本文化を築いてきたからです。ですから、自然との向き合い方は、大きく西洋文化とは異なります。西洋では自然に起こる脅威は人間が対向し制御するという姿勢のため、いかに頑丈に強く主張するかということに重きが置かれています。現在の日本の法律でも、家を建てる際にはさまざまな基準をクリアして壊れない建物でなければ建ててはいけないという規制があります。日本は地震や津波などが多く、自然の脅威と共存しようとする姿勢が日本文化の本質ともいえます。自然と共にどう生きていくべきか、和合の精神をもってどう分かち合うか、まわりに迷惑をかけずにどう暮らすか・・・相撲、柔術、弓術、大工左官、茶道、華道、書道、能楽、歌舞伎、陶器、漆器、温泉、わびさび、お辞儀、お酌、おみやげなど、すべての文化は民族としての精神性を伴っているものです。こうした日本人の精神が徐々に崩壊しようとしています。スティーブジョブズは、日本文化に興味を持っていました。彼が禅とか日本文化を好んだのはそのミニマリズムにあると言います。ジョブズが2005年に米スタンフォード大学の卒業式で行った有名な演説には、このような一説があります。「私は毎朝、鏡の中の自分に向かって、『今日が人生最後の日だったとしたら、今日の予定をやりたいと思うだろうか』と自問しているそうです。世界は今、日本に注目しています。日本人こそが期待されているのです。今更の逆輸入であろうがそんなことは構いません。日本人が日本文化を身に着け、日本文化を実践することこそが国際社会の中で国際人としての役割を果たすことです。それが日本人としての国際社会におけるあるべき姿です。日本文化の価値はもはや日本だけのものではなくなりました。日本文化は世界がその価値を認めている崇高な精神性が根幹です。人類の英知です。伝統文化を失うことは、日本や日本人であるための「心のよりどころ」を失うことです。日本文化の未来のために、自国の文化を深く理解し、日本を発信することのできる人材が求められています。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp