現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 028:日本の警察は優秀という嘘

 
 
日本の警察は優秀という嘘
 
警察庁発表の資料によると、平成24年の検挙率は31.7%となっています。犯罪が発生しても、それを警察が見つけられなかったり、被害者や目撃者が警察に連絡しなかったりすれば、その犯罪は統計には載りません。つまり、殺人事件であるにもかかわらず、病死、事故死、自殺、行方不明として扱われてしまっています。犯罪統計の『常識』について疑うべき点を挙げればきりがありません。2009年、明らかに病死であることが確認できないために警察が取り扱った「異状死体」は、なんと16万体もありましたが、そのうち解剖されたのはわずか10%に過ぎません。実際の発生件数より少なく見積もられているので、毎年1000件以上の殺人事件が見過ごされているという試算もあります。日本の警察が優秀であるというのは、明らかに情報操作であり、実際に起きている犯罪のうち90%以上の犯罪が誰によるものなのか分からないというのが日本の警察の実態です。警察に「不信感」「嫌な思い」を抱く人が後を絶たないのも事実です。ときどき、ニュースで警察の不祥事が報道されることがあるからです。そして、最大の警察不信は、「事件でなければ動けません」というマニュアルです。泥棒に入られても、警察は被害者に事情聴取するだけで何もしません。指紋採取をしてくれと言わないと、犯人を捕まえる気もありません。コツは、どうしてほしいのか意向を明確に伝えることです。逮捕してほしいのか、行為をやめさせたいのか、これによって動きが変わります。警察職員の職務執行についてのクレームは制度上、公安委員会が受け付けています。公安委員会とは、警察の民主的運営と政治的中立性を確保するため、警察を管理する行政委員会。ただし、実際の警察官へのクレームは警察本部の監察室が効果的です。公安委員会へのクレームは、当事者以外の申し出を受け付けません。各都道府県の警察本部にある監察室では、個々の警察官に対する苦情を受け付けています。不当な取り締まりや職質と感じたら、事前に警察手帳の提示を求めた上で、証票の番号を控えましょう。警察官の階級章が組み込まれた胸のバッジには、個人の識別番号が記載されています。5ケタのうちアルファベットが所属、番号が個人の識別番号。この5ケタの英数字でも問い合わせることができます。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp