現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 036:ヤクザより半グレをなんとかすべし。

 
 
ヤクザより半グレ問題
 
指定暴力団の山口組が年間収入8兆円で世界最大の犯罪組織としてFortuneに取り上げられるなど、日本の暴力団、いわゆる「ヤクザ」は海外からも大きな注目を集めています。山口組は、兵庫県神戸市に本部を置く暴力団で、日本最大規模の指定暴力団。日本全国43の都道府県に系列組織を置いています。現在のトップは、6代目にあたる司忍こと篠田さん。6代目は、業界内でも男の中の男と称される人物で、男が惚れるほど魅力的な人柄と言われています。まさに神のような存在です。国家公安委員会から主要暴力団に位置づけられているのは、山口組をはじめ、稲川会や住吉会などがありますが、1991年には9万人いた日本の暴力団勢力は、経済の低迷や警察の取り締まりの強化、地域の暴力団排除運動の広がりなどで、この30年で3分の1以下に衰退しました。問題は、近年、「半グレ」と呼ばれる集団による犯罪が増加していることです。「半グレ」とは新興の組織的犯罪集団ですが、暴走族のOBが成人して都会の繁華街に進出したグループである不良集団。指定暴力団の不当要求を禁止する暴対(暴力団対策法)暴対や暴力団排除条例の対象外です。ヤクザのようなしきたりもなく、勢力を拡大し続けています。半グレにはきちんとしたピラミッド構造がなく、仲間意識で集団化しているだけなので、トップがとられたら下のものがトップになるという事が永遠に繰り返されます。半グレの構成員は20代から40代の若者が中心で日に日に勢力を拡大しています。一方で、ヤクザは暴対法によって痛めつけられ、高齢化が進み,人員が減少しています。一掃作戦で既存ヤクザを全排除したら歓楽街は半グレみたいなフリーの暴力集団に支配されてしまいます。ヤクザ(暴力団)はピラミッド型組織で親分(組長)に対して弟分と子分が絶対的に服従する序列的・擬制的血縁関係を構築しています。ヤクザはそれほどカタギに迷惑はかけずに非合法的に自治をして治安を守ります。半グレに脅かされたり迷惑行為をされたり料金を踏み倒されるカタギの店はヤクザにみかじめ料(警備費)を払って不良や半グレや不良外国人から守っています。借金の踏み倒しなんかの民事の取り立てにの警察は民事不介入で役に立ちませんし、セコムもALSOKも役に立たず、弁護士は費用対効果もわるく差し押さえ資産のない債務者に効力が無いのが実情です。いまでもヤクザが絶滅しないで存続してるのはカタギの民需に支えられてる部分も多いわけで、街の治安維持を担って共存共栄をするならば、ヤクザは悪い人々ではありません。事実、阪神淡路大震災の際に、市役所よりも警察よりも自衛隊よりも国よりも早く被災者に救援物資を届けたのは山口組ですし、真っ先に炊き出しを行っていたのは、山口組でした。6代目は常日頃から、「カタギには手を出すな。迷惑をかけるな。」と言っています。失われかけた任侠の精神を今に伝えようとしている立派な人物です。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp