知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 103:森林消滅で毎年4万種が絶滅

 
 
森林消滅で毎年4万種が絶滅
 
陸生動植物・昆虫種全体の80%が森林に住んでいます。森林の消失によって年間4万種類の生物が絶滅しています。生息地の破壊によって地球上から毎日100種以上の種が絶滅しています。13分間に1種が絶滅しています。現在までに記載されている生物の総種類数は約140万種ですが,なお4000万〜1億種の未記載種が地球上に生息していると考えられています。熱帯林には,地球全体の50〜90%の種が生息し,少なくとも3000万種以上の未記載種がいると考えられています。現在のペースで熱帯林の消失が進めば,今後30年間に10〜20%にあたる300〜600万種が記載されることなく絶滅することになります。生物多様性が急激に変化しています。生態系の頂点に位置する人間は、どこまでも破壊することができる立場にあります。本来は、頂点に位置する人間生態系を守るべき立場でなくてはならないはずです。でも、地球上で唯一人間だけが自然を破壊しています。生物の多様性が失われれば、人類も絶滅を免れられません。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp