知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 126:WHOが中国を優遇する理由

 
 
WHOという組織の実態
 
WHO世界保健機構のロゴマークは、国連のマークにヘビのデザインが追加されたものだが、あのヘビは一体何なのだろうか。WHOの公式説明によると、あの杖と巻き付いたヘビは、ずっと昔から医学と医療職の象徴だと言います。この杖をもっていたのは、ギリシャ神話に登場するアスクレピオス。「治療の神」として、古代ギリシャ人に崇拝されていた神と同様に、ヘビが巻き付いた杖も信仰の対象だったようです。エボラ出血熱やコロナ(COVID-19)のようにパンデミックを起こす感染症を「新興感染症」(エマージング感染症)といいますが、症状はわからず、治療法も確立されていない感染症が次々と生まれています。それが地球温暖化による永久凍土融解のせいなのか、あるいは人為的な細菌兵器であるかは置いておいて・・・エボラ出血熱は、コウモリのウィルスが変異したものであるとか、エイズが猿と人間の交尾によるものだとか言われています。本当にそうなのでしょうか?それにしても、WHOという組織は何をやっている組織なのでしょうか?エボラ出血熱が発生したときに、WHOは、WHO総会では十分な注意喚起を行いませんでしたし、国際NGOである「国境なき医師団」(MSF)が「もはや制御できない」と注意喚起しても動きませんでした。結局、WHOが国際社会へ向けてPHEIC(国際的公衆衛生上の緊急事態)を宣言したのは、ギニア政府の報告から5カ月後で、発生してから8か月間もかかっています。医薬品の早期開発もロックダウンも何も対応しなかったWHOに対しては、どこのマスメディアも口をつぐみました。では、WHOはなぜPHEICを宣言しなかったのでしょうか。それは「WHOがPHEICを宣言すると経済的な打撃を被る」と判断したからのようです。結局のところ、すべては経済重視の考え方で世界が動いていることがわかります。あるいは、それらは意図的に仕組まれたものだったのでしょうかそして、現在、世界中では、330万人以上が新型ウイルス感染症COVID-19で死亡しています。独立調査パネルは、WHOや各国政府の初動に問題があったとし、パンデミックは本来、回避可能だったが、WHOが早期対応をしなかったことで世界的なパンデミックに至ったとの最終調査報告書を公表しています。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp