知識
KNOWLEDGE
国内問題
方針
POLICY
道徳経済
活動
ACTIVITY
自然共生
福祉
WELFARE
ボランティア
募集
WANTED
会員募集
法人
INSTITUTE
法人案内
 
 

■TOPICS / 118:活火山噴火は予測不可能

 
 
活火山噴火は予測不可能
 
日本は火山大国ですが、現代科学において、活火山の噴火は予測不可能です。火山活動が活発化しているのではないかということがマスコミ等で話題になっていますが、現時点では火山が活発化していることを示す明確なデータはありません。火山活動に関する情報は気象庁が発信することになっています。しかし、火山噴火予知はできません。最先端の科学者も、「活火山の噴火を予知することは不可能である。」と言っています。日本は狭い国土に活火山が集中する火山大国です。どの火山が、いつ頃噴火するか、数十年後にはどのような活動をしているかなどが分かれば、土地の価格を予想することができます。状況に合わせた土地開発もできますし、防災対策も効率的に準備する事ができます。しかし、現実は困難です。火山噴火は多くの場合、不規則に発生するので、最先端の科学を用いても火山噴火の余地はできません。富士山は、奈良・平安時代には数十年おきには噴火を繰り返していましたが、1707年の宝永噴火を最後に300年以上噴火していません。浅間山は1940年代から60年代にかけて、毎年、活発に噴火を繰り返しました。1年に400回を超えるような噴火を行っていた時期もありましたが、1973年の噴火以降は10年に1回程度しか噴火していません。富士山はいつか必ず噴火します。数年先かもしれませんが、今週中に噴火が始まるかもしれません。噴火後は広範囲にわたって火山灰が降り積もり、飛行機などの空路での移動は不可能になります。さらに新幹線と高速道路が完全に断たれてしまうでしょう。溶岩は噴火から2時間以内に御殿場市、富士市、富士宮市を襲い、最大で駿河湾まで流れる可能性もあります。富士山が噴火すれば、都市機能は最大2週間麻痺します。日本は東西分裂します。降り積もった火山灰が屋根に厚く積もると、その重さで屋根が押し潰されます。道路に降った火山灰は下水道に入って排水管を詰まらせます。私たちは、マスメディアの情報に一喜一憂することなく、個人個人がなるべく緊急時を想定して、できる限りの対策を講じておかなければなりません。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!人類絶滅の危機はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
   
   
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp