現実
REALITY
私たちを取り巻く環境
理念
PHYLOSOPHY
PRAの理念
対策
MEASURES
PRAの活動方針
募集
WANTED
ボランティア
問い合わせ
NGO
非政府民間協力団体
 

■TOPICS / 032:同調圧力に弱く思考停止する国民

 
 
同調圧力に弱く思考停止する
 
同調圧力は心理学的にスパイト行動と呼ばれます。スパイト行動とは、「俺だって我慢してるんだから、おまえも我慢しろよ!」という心理。どうやって俺もうまくやろうか?ではなく、ひとりだけうまくやってる奴はみんなで引きずり降ろそうぜ!っていう発想。戦時中は「非国民!」「この裏切者!」と叫ばれたように、昔から日本に根付いている考え方です。諸外国と比較した場合の、日本人の特徴と言えます。日本人は、電車を待つホームにきちんと並ぶので、礼儀正しくてモラルが高いって言われる場合もありますが、単に同調圧力に弱いだけなのではということも徐々に解明されてきています。若者が老人に席を譲らない光景は頻繁に見られますが、周りの目を気にして目立つ行動をしたくないだけなのではないかいう意見もあります。実は自分の考えがなくて周りに合わせて、思考が停止しているだけなのではないのでしょうか?聖徳太子の17条憲法には「和をもって貴しとなす」とありますが、これは黙って従えという意味ではなく、互いに意見交換をして十分に話し合うべきで、妥協点を見つけて解決すべきだというものです。
 
 
 
 

私たちが知っておくべき!国際社会の中における日本の特徴はこちら

 
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
           
     
           
           
 
 
 
 
PRA(一般社団法人自然共生社会再生機構)
206-2-20-8 Ebisu-nishi Shibuyaku Tokyo #150-0021
http://pra.or.jp